もしかして失明危機【緑内障は早めに治療が重要な眼病】

夫婦

早期発見により失明を回避

どんな病気か

目

緑内障は視野が狭くなる病気で、視神経という目に入ってきた情報を脳に伝達する器官に障害が起こるため発生します。治療が遅れると失明に至ることもあり、日本では失明を起こす原因の第1位です。また、40歳以上では20人に1人の割合で患者がいると言われています。 緑内障にかかると少しずつ視野が狭くなっていきますが、その進行は遅く、症状がかなり進行するまで自覚症状はありません。普段私たちは両目を使って物を見ているため、片方の目に見えない部分があっても、もう一方の目で補ってしまうので症状に気づきにくいのです。 以前は緑内障になると失明するというイメージがありましたが、医学の進歩により、早期発見や早期治療を行えば失明の危険性を減らすことができます。

原因と治療法

緑内障は眼圧が異常に高くなることで引き起こされます。眼球は、目に栄養を運び、眼球の形を保つ房水という液体で満たされていて、この房水の圧力を眼圧と言います。この房水が何らかの原因で過剰になると、眼圧が高くなり視神経を圧迫して緑内障を発症します。 緑内障は眼圧を下げることで進行を遅らせたり妨げたりすることができますが、一旦視神経に障害が出ると回復させることができないため、早期に発見し治療を行うことが必要です。 治療法には薬物治療、レーザー治療、手術などの方法があります。薬物治療では緑内障の種類や眼圧、進行具合に応じた点眼薬により眼圧をコントロールします。レーザー治療は、虹彩に孔を開けて房水の流れを変えたり、線維柱帯という部位に照射して房水の排出を促進する治療法で、痛みがほとんどなく短時間で治療を行うことができます。薬物治療やレーザー治療で効果が得られなければ、手術によって房水の流れを改善させて進行を防ぎます。