もしかして失明危機【緑内障は早めに治療が重要な眼病】

夫婦

全く別物なので注意を

似ているようで違う

医者と看護師

日本人がかかる目の病気として多く見られるのが白内障と緑内障です。名前がとてもよく似ているため、同じような病気だと考える人もいますがこの二つは全く別の病気です。白内障は主に高齢者に見られる病気であり、目の中のレンズの役割をしている水晶体が白く濁ってしまう病気です。現在では白内障の治療技術は進んでおり、日帰りで治療することも可能となっています。一方で緑内障は眼の中の眼圧が高くなることで視神経にダメージを与えてしまう病気です。徐々に視野が狭くなっていく特徴があり、放置していると失明する恐れもある病気です。実際に日本人が失明する病気の中では1番となっており、少しでも異常を感じたら早期に病院で検査を受けることが必要です。

視野が狭くなったら要注意

高齢者に多く見られる白内障と違い、緑内障は比較的若い世代にも見られる病気です。その進行はとても遅く、自覚症状も少ないので早期に発見することが難しい病気でもあります。しかし、この緑内障の治療は症状の進行を食い止めることは出来ても完治することは出来ません。ダメージを受けてしまった視神経を回復させることは出来ないので、狭くなってしまった視野を再び元通りにすることは出来ないのです。その為、少しでも視野に異常を感じたら病院で検査を受けることが大切です。視野は徐々に狭くなっていくので、異常が起きていると気が付きにくいという問題があります。新聞を読む際にはどこまで端が見えるかなど、自分の視野を定期的に確認することが予防につながります。