もしかして失明危機【緑内障は早めに治療が重要な眼病】

夫婦

浮遊物が見える病気

原因と症状

眼精疲労

眼のレンズと網膜の間にあってゼラチン状の透明な液体で満たされ眼球の形を保っている硝子体に、半透明で様々な形をした浮遊物が蚊が飛ぶようにも見える症状を飛蚊症といいます。高齢者に多くおこります。原因としては、老齢化によって硝子体に含まれる液体中に剥がれたコラーゲン繊維や変性して固まったタンパク質が浮いて網膜に写ることが考えられています。色は黒や灰色、暗色で形は斑点やクモの巣、あるいはリング状で、眼の動きに伴って移動します。片目だけでなく両目におこることもあり、明るく青い空や白い背景ではっきり見えます。時間が経つと脳が順応して見えなくなることもあります。他に眼や全身の病気をもっていなければ、治療の必要はなく心配はありません。

治療が必要な場合

飛蚊症は眼の手術後や外傷、または感染症や腫瘍など様々な眼の病気や糖尿病・高血圧などの全身の病気でもおこります。網膜剥離では飛蚊症に加えて視野が狭くなったり光が点滅したりするなどの症状が突然あらわれ、網脈絡膜炎では網状の塊が見えるなどの飛蚊症がでる場合があります。これらの病気や飛蚊症での数や頻度が増え・痛みを伴う・形が変わったり視力の低下があったりするときには、眼科での診察が必要です。眼科では飛蚊症が網膜剥離や眼内出血などの重い病気によるものかどうかを調べるために、眼球内を観察する検査がおこなわれます。超音波検査が実施されることもあります。網膜剥離などがある場合には、これらの病気に対する治療がおこなわれます。