もしかして失明危機【緑内障は早めに治療が重要な眼病】

夫婦

浮遊物が見える病気

眼精疲労

飛蚊症は高齢者に多く、眼の硝子体に班点状や繊維状など様々な形をした浮遊物が見える症状です。飛蚊症はまた網膜剥離や網脈絡膜炎などの眼の病気や糖尿病でもでることがあるため、数や頻度が増えたり視野が狭くなるなどの症状が加わった場合には眼科での診察と治療が必要です。

Read More...

早期発見により失明を回避

目

緑内障は、眼圧が上昇して視神経が傷つくことにより視野が狭くなる病気で、視神経は一度傷つくと回復させることができないため、早期に発見・治療して進行を遅らせることが必要です。点眼薬、レーザー治療、手術などによって眼圧を低下させることで治療を行います。

Read More...

全く別物なので注意を

医者と看護師

名前は似ていますが、白内障と緑内障は全く別の病気です。高齢者によく見られる白内障と違い、緑内障は若い世代でも見られ失明する恐れもある病気です。治療が簡単な白内障と違い、緑内障は一度ダメージを負ってしまった視神経は元には戻りません。そうならないためにも、早期に発見することが大切です。

Read More...

失明を招く怖い病気

国内では緑内障患者は多いです。年代別に治療方法を変える必要がるため、症状の把握をしておくことが大切でしょう。

視力が悪くなる病気

看護師

失明する可能性が高いといわれている目の病気が、緑内障です。この緑内障とは、視神経に異常が起こって視野や視力に障害が起こる病気です。直接の原因は、目の眼圧が急激に上昇してしまうからです。眼圧が高くなると、視神経に障害が起き易くなります。この緑内障は日本では200万人上の患者がいて、主に中高年層に多いと言われています。ほとんどの場合、その症状の進行はとてもゆっくりなので、初期の段階では自覚症状がないです。なので、自分が緑内障だと気づかずに過ごしてしまいがちです。ですが、進行すると、目の疲れ、かすみ、電灯に虹がかかって見える、痛みなどの症状があります。いずれにしても失明するリスクがあるので、早期に病院に行くことが大事です。

病気になったときの注意点

緑内障は、病院で治療を行えば必ず治るという病気ではないです。内服薬やレーザー治療で、これ以上進行しないように治療を受けることが前提となります。緑内障になった時には、普段の生活でいくつかの注意点が有ります。そのひとつが、就寝時にうつ伏せの状態で寝ないことです。というのも、人間は長時間うつ伏せの状態を続けると、眼圧が高くなってしまうからです。緑内障の方の眼圧が高くなると、発作を引き起こす恐れがあります。なので、必ず仰向けで寝るように心掛けることが大事です。その他の眼圧を上げる行為として、水、カフェインの入った飲み物を大量に摂ることがあります。それらの行為も行わないように気をつけることが、緑内障の症状を防ぐ上で大切です。